ドメインを変えない場合の、WordPress移行方法

概要

このブログを、ServersMan@VPSからAWSに一時的に乗り換え、それからロリポップ!レンタルサーバーに乗り換えた話。

理由

最初、使い道もあり、VPSにしていたのですが、その用事も終わったので、管理の楽そうなレンタルサーバーに変えようと考えました。

方法など

前提

前提1

乗り換えるサーバーとは別に、MySQL専用サーバーがある場合などは、手順2.3.5.と前提2,3は飛ばしてください。

前提2

乗り換え先サーバーで、使用するデータベースとユーザーを準備しておく。

前提3

phpMyAdminが、両方のサーバーにインストール済み。
VPSなどで、インストールしていなければ、 下のサイトなどを参考に、インストールする。
今からでも遅くない! phpMyAdminインストールから使い方まで徹底解説

前提4

当たり前ですが、両方のサーバーに、FTPやSFTP等の、ファイルをアップロード、ダウンロードする手段があること。

前提5

ドメインはそのまま引き継ぐ。

1.ファイルのダウンロード

乗り換え元サーバーに、FTPやSFTPなどで接続します。

WordPressの入ったフォルダ(中にwp-contentやwp-adminなどのフォルダが入っている)をダウンロードします。

これには時間がかかるので、その間に次の作業をしておきます。

2.データベースのダウンロード

乗り換え元のサーバーの、phpMyAdminを開き、ログインします。

左の一覧からデータベースを選び、上のバーのエクスポートボタンを押します。
そして、そのまま実行を押し、ダウンロードします。

3.データベースの設定変更

もし、どちらもVPSなどで、同じサーバー内に、データベース名とデータベースのユーザー名とパスワードがすべて同じものを作る場合は、この手順は必要ありません。

もし、この時点で1.のダウンロードが終わっていなければ、5.を先にやっても構いません。

1.でダウンロードしたフォルダの中の、wp-config.phpというファイルを開いてください。

define('DB_NAME', 'データベース名');
define('DB_USER', 'ユーザー名');
define('DB_PASSWORD', 'パスワード');
define('DB_HOST', 'ホスト(サーバー)');

このような部分があると思うので、
日本語部分を新しい情報に書き換えてください。

4.ファイルのアップロード

もし、この時点で1.のダウンロードが終わっていなければ、5.を先にやっても構いません。

1.でダウンロードし、3.で中身を少し書き換えた、WordPressが入ったフォルダを、FTPやSFTPなどでアップロードします。

5.データベースのアップロード

乗り換え先サーバーの、phpMyAdminを開き、ログインします。

左の一覧からデータベースを選び、上のバーのインポートボタンを押します。
そして、そのまま実行を押し、ダウンロードします。

6.ドメイン設定

レンタルサーバーであれば、独自ドメイン設定などで、ドメインと、WordPressが入ったフォルダを指定しましょう。

VPSであれば、ウェブサーバーの設定ファイルにドメインと
WordPressが入ったフォルダを指定する、などです。

6.DNSサーバの設定変更

すべての作業が終わってから、ドメインDNSの接続先を変更します。

サーバーによって違いますが、VPSならDNSサーバーのAレコードに、サーバーのIPを入れるのが一般的だと思います。

サーバーによってはネームサーバーごと変えさせて来るやつもありますが。

7.(任意)移行元サーバーの解約

他に使い道がなければ、元のサーバーは解約するでしょう。

解約するのは、作業が終わってからにしましょう。

検索エンジンに掲載されていないサイトならともかく、少しでも読んでもらえる可能性があるブログを一時的にでも止めてしまうのはもったいないです。

DNSの設定変更が、全世界に伝わるのには、時間がかかることがあります。

まとめ

お疲れ様でした。

Virtual Boxのハードディスクのサイズ変更でエラーとか

ここから下は、遭遇した問題と、その解決方法を長々と書いています。

早く結論を知りたい人は、下のまとめまで飛ばしてください。

Virtual Boxのハードディスクサイズの変更

遭遇しなかったけど、注意すべき問題(VHDの人のみ)

データが壊れるかも(詳細はここをクリック)

問題1

VBoxManage modifyhd 仮想ディスクのファイル名 --resize 新しい大きさ(MB)

Virtual Boxのハードディスクサイズを変更するには、上のようなコマンドを、コマンドプロンプトで入力すればいい…のに、動かない。

'VBoxManage' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

解決

バカでした。
この、VBoxManageというのは、Virtual Boxのインストールフォルダにあるのです。

それを、コマンドだと思って実行していました。(Windowsでコマンドが追加されるのは変だとは思いましたが。)

なので、下のように実行するか、

"C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe" modifyhd 仮想ディスクのファイル名 --resize 新しい大きさ(MB)

一度、下のコマンドを実行してからでないといけないようです。

cd C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\

ここで成功して終わりな人もいるでしょう。

問題2

でも、僕の場合はここで終わりませんでした。

またエラーです。

VBoxManage.exe: error: Resize medium operation for this format is not implemented yet!

解決

このエラーを検索したところ、このページがヒットしました。

このエラーは、仮想ハードディスクを固定サイズで作成したのが原因のようです。

このエラーは、一度、ハードディスクをコピーすることで解決します。
コピーと言っても、ただエクスプローラなどでコピーするのではなく、clonehdという機能を使います。

下のコマンドを入力してください。

"C:Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe" clonehd 元の仮想ハードディスク名 新しい仮想ハードディスク名

こうすることで、新しい元のハードディスクのデータを含んだ、「可変サイズ」の新しいハードディスクが作成されます。

これを使って、もう一度clonehdすると、成功しました。

まとめ

  • “固定サイズ”の仮想ハードディスクのサイズを変えたいときは、「”C:Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe” clonehd 元の仮想ハードディスク名 新しい仮想ハードディスク名」というコマンドを使って、”可変サイズ”に変えなければならない。
  • “可変サイズ”の仮想ハードディスクのサイズを変えたいときは、「”C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe” modifyhd 仮想ディスクのファイル名 –resize 新しい大きさ(MB)」

参考にしたサイト